中国地方 18切符ひとり旅 1日目 ~倉敷 デミカツ丼と竹原 聖地巡礼~

kibishii_kewashii_man

上司「有給を消化しろ」

毎年おなじみのやりとりを行って、年末有給消化ひとり旅の計画を始めます。
いい加減、春や夏の暖かい時期に旅行に行きたいものです。。。

今年は黙って、電車でGO!

実は今年に入ってから、スマホの位置情報ゲームにハマってしまい、
楽しい楽しいひとり旅そっちのけで、ただひたすらに電車に乗る過酷な旅をしていました。
(ゲームについてはまた後日にでも)

移動手段を電車に変えた普段のひとり旅であれば、何の問題もないのですが、
ほぼ電車にしか乗っていないので、ブログ記事として最悪。。。(鉄道ブログではないので)
今回はなんとかメリハリをつけて、紹介できるような旅行記事にしてみました。

旅の行程

移動方法はもちろん鉄道。2017年冬季青春18きっぷを使って
中国地方の「美味いもの」を食べて、「観光名所」を見て、
中国地方を一周したいと思います。

ざっくりな行程ですが、
兵庫 => 岡山 => 広島 => 島根 => 鳥取 => 兵庫
を3泊4日で一周すると言った感じです。
先に書いてしまうと旅後半になるほど、書くことがない。。。

岡山 倉敷


兵庫は出発地点、特に何もないのですっ飛ばして、
やって来たのが岡山県倉敷市です。

到着したのが10時前で昼飯には少し早いですが、
早速お昼ごはんを食べたいと思います。

カツ丼城下町 デミカツ丼


JR倉敷駅の北側(美観地区ではない方)の出口にArioというショッピングモールがあるのですが、その中のフードコートが9時開店でしたので、そこで昼飯を食べます。
もともと岡山駅で昼飯を食べるつもりだったのですが、朝早すぎて店がやってないですorz


食べるのはもちろん、岡山名物「デミカツ丼」です。
今年は日本各地でカツ丼を食べてきました。
今年最後のひとり旅でも、やはりカツ丼は食べたいということで、
一食目は岡山名物「デミカツ丼」です。


こちらがメニューになりますが、いろいろな種類のカツ丼があります。
卵とじカツ丼、デミカツ丼、ソースカツ丼、味噌カツ丼、キムチカツ丼と種類は豊富です。
ヒレカツもあり、ここまで種類が多いカツ丼屋?は初めてです。


食べるのは当然「デミカツ丼」、640円とかなり安いです。
いわゆるハンバーグとかにかけられているデミグラスソースが、カツ丼にかけられています。

言うまでもありませんが、マズいわけがありません。
揚げたてサクサクのカツに、デミグラスソースがたっぷりかけられています。
カツも美味しいですが、デミグラスソースがかかった白米がまた美味いです。

ソースカツ丼、タレかつ丼、煮込みカツ丼、色々と美味しく食べましたが、
デミカツ丼もとても美味しかったです。食わず嫌いせずに機会があれば一度食してみてください。

倉敷美観地区、阿智神社を参拝


次の電車までに少し時間があるので、倉敷の美観地区を散策してみました。
予想はしていましたが、冬だと少々寒々しい光景ですね。


メインストリートから少し外れたところに、神社を発見。
私は神社が意外に好きで参拝しては、必ずお守りを購入しています。


境内のすぐ側に、インスタ映え?しそうなカラフルな千羽鶴と、


十二支を象った方位計がありました。
インスタはやってみたいが、オッサンが気軽に手を出して良いものかと思案中。

倉敷 デニムストリート デニムまん


実はこの倉敷美観地区でも食したい一品があります。
それがあるのが、「倉敷 デニムストリート」です。


最近、テレビやネットでよく紹介されている「デニムまん」です。
ちなみにデニムまん以外にも、「デニムソフト」「デニムバーガー」「デニムスカッシュ」と色々なものを売り出しています。


このデニムまんは一体何なのかというと、とても青い肉まんです。
この肉まんのチャッチコピーは「食欲をなくすNO.1 それは青色です!」。
「いやいや、食べ物売るなら食欲減退するもの売っちゃダメでしょ」と心のなかで突っ込みながらも、デニムまんを買いました。


サンプルと同様な色をしている肉まん。。。見た目からは正直食欲が失せてしまう。。。
まぁ見た目はこんなですが、味は美味しいです。
生地はフカフカ、餡も黒豚使用し美味しいです。
話のネタとしては美味しいですね。これがインスタ映えなのか?

ちなみにお店の人にどうやってこの色を出しているの聞いてみたら、
どうやら「クチナシ」を使用しているようです。
クチナシを潰してアルコールに漬けると青色が出るそうです。勉強になりました。

広島 竹原


次にやって来ましたのは、「広島県 竹原市」です。


呉線の黄色の電車とはここでお別れです。

アニメ「たまゆら」 聖地巡礼

竹原市はアニメ「たまゆら」と朝ドラ「まっさん」聖地として有名ですが、
今回はの私は「たまゆら聖地巡礼」としてやってきました。


引用: たまゆら~卒業写真~

あまりアニメは見ない方なんですが、このアニメはグッと来るものがありました。
同世代の友人に勧めてみたが、何故かあまり評判が良くない。私は好きなんですけどね。。。
では早速、街を散策して行きます。


駅から出ると早速巡礼スポットです。
昔の写真を見ると点字ブロックが無いので、最近追加されたのでしょうか?


商店街の通りには登場するキャラクターを模した「飛び出しくん」が飾られていました。
あまり目立たない主人公なので「私が主役です」タスキがかけられている。


アニメではおなじみ「日の丸写真館」です。


西方寺」前の階段です。


夕暮れ時の「普明閣」です。


普明閣からの景色がとても綺麗でした。


場所は変わって「旧笠井邸」です。
イベント会場や演奏会などで使用されているそうですが、
アニメ内でも「私たち展」で使用されています。


竹細工がたくさん置いてあります。梁も立派です。


部屋には劇場版たまゆらのサイン入りポスターがありました。
劇場公開時に新宿ピカデリーにあったポスターと同じかな?

竹の町 たけはら


古き町並みを照らし出すのは幻想的な数千本の竹灯り
ほのかに揺らぐ灯火と共に幻想の世界が始まります
さぁ あなたは誰と訪れますか
安芸の小京都を彩る夢の世界
引用: 町並み竹灯り ~たけはら憧憬の路~

本当は毎年10月に開催されている「憧憬の路」を見に来たかったのですが、
社会人には無理ですよね。一度でいいから来てみたいです。


イベント期間中でなくても、街中には至る所に「竹細工」があります。


どれもとても絵になります。住所の標識なんかも竹でできていて驚きました。

ほり川 お好み焼き


夕食は「ほり川」さんのお好み焼きです。
もちろん、このお店もアニメ内で「ほぼろ」という名前で登場します。
開店と同時に入店です。


まず、一品目は「ほぼろ焼き REVOLUTION」です。
この「ほぼろ焼き」はアニメ内のメニューです。ファンとして当然食べねばと注文。

かなり変わったお好み焼きで、
チキンライス、ツナ&コーン マヨネーズ和え、肉だんご、きざみネギ
とかなり独創的な具が入っています。

アニメファン以外はあまり注文しないであろう「お好み焼き」であるが、
私はこのジャンキーな感じ、とても好きです。美味しいですよ。


お好み焼き1枚でそこそこ量があるのですが、
普通のお好み焼きも是非食べてみたいということで、
シーフードスペシャル そばシングル」を注文。

大阪のお好み焼きも美味しいですが、広島風お好み焼きも美味いです。
さすがに2枚は多かったですが、大満足でした。また食べに行きたいです。

本日のお宿


本日のお宿は駅から3分「GREEN SKY HOTEL」です。
テレビ東京の路線バスの旅で蛭子さんが泊まっていたホテルですね。


ホテルのフロントロビーには大漁のたまゆらグッズが展示してありました。
懐かしい、劇場で買いまくったな(笑)

すこし偏った内容になってしまいましたが、
宮島を巡る、2日目に続く。

コメント